Pocket

先日の減価償却の記事で、減価償却費は、その資産が使用できる年数として定められた「法定耐用年数」に基づいて計算すると説明しました。

同じ種類の資産でも、新品と中古では使用できる期間が異なります。普通は中古の資産のほうが早く使えなくなるでしょう。

法定耐用年数は、新品の資産を前提に定められています。中古の資産を購入したときは、その資産があとどれくらい使用できるか見積って、その年数に応じた償却率を使って減価償却費を計算することも可能です。短い期間で償却できれば、計上できる減価償却費が多くなるのでその分利益を圧縮でき、投下資金を早く回収できます。

使用可能期間の見積り

中古の資産を買ったときは、その資産があと何年使えるかを合理的に見積もる必要があります。
資産の状態からあと何年使用できるか専門的に調査して使用できる年数を見積もります。これを見積法と言います。
ただ、実際にあと何年使えるかを合理的に求めることなんて普通の人にはできないですし、調べるにはコストがかかることも考えられます。
そこで、簡便的にあと何年使えるかを計算する方法(簡便法)があります。
簡便法はその資産が何年使われたか(経過年数)に基づいて計算する方法です。

簡便法

法定耐用年数が6年の自動車を中古で購入する場合を例に説明します。経過年数に応じて計算方法が異なってきます。

法定耐用年数の全部を経過している場合
 
新品の資産の法定耐用年数 × 20% = 中古資産の耐用年数
(1年未満の端数がある場合は切捨て、その年数が2年に満たない場合は2年とする)

その自動車が新車登録時から6年以上経過している場合、次の計算になります。

6年 × 20% = 1.2年 ⇒ 1年未満切捨て かと思いきや、2年に満たないので2年 になります。

法定耐用年数の一部を経過している場合

(その資産の法定耐用年数 ― 経過年数) + (経過年数 × 20%)
(1年未満の端数がある場合は切捨て、その年数が2年に満たない場合は2年とする)

その自動車が新車登録時から3年2カ月経過している場合、次の計算になります。
1年未満の端数があるので月単位に換算して計算します。
(計算結果については端数切捨てですが、計算過程においては端数処理はありません)

新品の場合の法定耐用年数 6年 ⇒ 12カ月×6年 = 72カ月
中古資産の経過年数    3年2カ月 ⇒ 12カ月×3年 + 2カ月 = 38カ月

( 72カ月 ― 38カ月 ) + 38カ月 × 20% = 34カ月 + 7.6カ月 = 41.6カ月

41.6カ月 ÷ 12カ月 = 3.466…年 ⇒ 3年(1年未満切捨)

経過年数が分からない場合

自動車などは使用され始めてから何年経過したか調べやすいですが、中古資産を購入する際、その資産が何年使用されていたか分からないことも多いと思います。
このような場合は、その構造や形式や製作年月の刻印・シール表示などがあればその製作時期から、何年経過しているか見積もることになります。

法定耐用年数が強制される場合

中古資産を購入して、業務に使用する際、高性能な部品と交換するなどの改良費用が発生する場合があります。
このような費用の金額が、その中古資産と同じ新品のものを購入した場合の金額の50%を超える場合は、耐用年数の見積をすることはできず、新品を買った場合の法定耐用年数・法定償却率を使って減価償却費を計算することになります。

 

【 ひとりごと 】

サントリーの「絶対もらえる。幸せのあいあい皿」が欲しくて、頑張って金麦ばっかり買いまくってシールを集めてハガキをポストに投函したのが7月5日。

待てど暮らせどお皿は届かず、
「ハガキに不備でもあったのかしら・・・?」
なんて不安がよぎったので、ネットで検索したところ

「幸せのあいあい皿フォトコンテスト」

なるものが実施されていたのです!(応募期間2018年6月13日~2018年11月14日)

Twitterやインスタで届いたお皿の写真を上げるというキャンペーンのようなので、ハッシュタグ検索してみると

応募した他の皆さんにはお皿届いてるじゃないですか!

やはり、ハガキに不備があったんだろうか。。。?!あんなに確認してから送ったのに!!!

と思っていたら、サントリーさんからハガキが届きました。

サントリー金麦 「絶対もらえる。幸せのあいあい皿」キャンペーン 商品お届け遅延についてのご連絡

なんだかウチには10月中旬以降に届けてくれるみたいです。

わざわざご連絡いただけるなんて、うれしいのでまた金麦を買ってしまうのでありました。

皿届くのを楽しみに待っております。