Pocket

個人事業を営んでいる人が、プライベートで使用していた自動車を仕事用に変更した場合、減価償却費を計上できることを前回確認しましたが、プライベートで使用していた資産が、もともと新品ではなく中古で購入したものだった場合の計算方法はどうなるのでしょうか?

自動車以外でも、例えば中古で購入した自宅を貸付けて家賃をもらう場合も同様の計算になりますので、今回は中古で購入した非事業用資産を営業用に転用した場合の減価償却の方法を確認したいと思います。

減価償却費の計算の基礎となる金額

減価償却費の計算の基礎となる金額は、新品で購入した場合と同じく、その自動車の購入価額ではなく営業用に変更した時点の価値(これを未償却残高相当額といいます)です。
自動車の購入金額(取得価額)から、プライベートで使用したことで減少した価値の金額を差し引くことで計算できます。

減少した価値は、旧定額法という減価償却の方法に基づいて計算すると決められています。
このとき、中古資産でもその資産を新品で取得した場合と同じ方法で計算します。

① 減少した価値 = 取得価額 × 0.9 × A(※1) × プライベートで使用した年数(※2)

※1 その資産の法定耐用年数の1.5倍の年数(1年未満切捨)に対応する旧定額法の法定償却率
※2 その資産の購入日から営業用へ転用した日までの年数(6カ月以上切上、6カ月未満切捨)

② 未償却残高相当額 = その資産の取得価額 ― ① 減少した価値
ここまでは、前回の「自家用車を仕事用に変更した場合の減価償却の方法」の計算方法と同じです。

営業用に変更した後の減価償却の方法

営業用に変更した後は、未償却残高相当額を基礎として、選択している減価償却の方法により減価償却費を計算します。

減価償却の方法は制度が度々変更になっており、その中古資産をいつ取得したかによって採用できる減価償却方法が異なっています。
営業用に変更した場合でも、変更した日ではなく、プライベート用に取得した日に応じた減価償却の方法を採用しないといけません。

とてもややこしいので、定額法を選択していることを前提に簡単に説明すると、

① 平成19年3月31日以前に取得していた場合  ⇒  旧定額法
② 平成19年4月1日以降に取得していた場合  ⇒  定額法

で減価償却費を計算することになります。

中古資産の耐用年数

中古資産の場合、あと何年使えるか合理的に見積もった使用可能期間で減価償却費を計算することができます。また、使用可能期間を合理的に見積もることができない場合は、簡便法により使用可能期間を算定することも可能です。
(ただしその中古資産を事業の用に供するために支出した資本的支出の金額がその中古資産の取得価額の50%に相当する金額を超える場合には、簡便法により使用可能期間を算出することはできません。)
中古資産の減価償却方法についてはこちら

簡便法による計算式

法定耐用年数の全部を経過している場合
 
新品の資産の法定耐用年数 × 20% = 中古資産の耐用年数
(1年未満の端数がある場合は切捨て、その年数が2年に満たない場合は2年とする)
法定耐用年数の一部を経過している場合

(その資産の法定耐用年数 ― 経過年数) + (経過年数 × 20%)
(1年未満の端数がある場合は切捨て、その年数が2年に満たない場合は2年とする)

【今回のポイント】

このとき使用する経過年数は、自動車であればその自動車の新車登録の時から中古で買った時までの期間です。プライベート用に購入してから営業用に変更するまでの期間は含めませんのでご注意ください。

計算してみよう

資産の種類 自動車
法定耐用年数 6年
新車登録年月 平成24年12月
プライベートで取得した日 平成27年10月1日
取得価額(中古取得) 3,000,000円
営業用に変更した日 平成30年5月1日
① プライベートで使用していた期間

平成27年10月1日~平成30年4月30日 ⇒ 2年7カ月 ・・・ 3年(6カ月以上のため切上)

② 減少した価値
3,000,000円 × 0.9 × 0.111 × 3年 = 899,100円
(取得価額  × 0.9 ×  A(※)  × プライベートで使用した年数)
(※)6年 × 1.5 = 9年 ⇒ 旧定額法の法定償却率 0.111

③ 未償却残高相当額
3,000,000円 ― 899,100円 = 2,100,900円
(その資産の取得価額 ― 減少した価値) 

④ 使用可能期間(簡便法)

新品の場合の法定耐用年数 6年 ⇒ 12カ月×6年 = 72カ月
中古資産の経過年数    平成24年12月~平成27年9月30日 ⇒ 2年10カ月(34カ月)

( 72カ月 ― 34カ月 ) + 34カ月 × 20% = 38月 + 6.8カ月 = 44.8カ月

44.8カ月 ÷ 12カ月 = 3.733…年 ⇒ 3年(1年未満切捨)

⑤ 平成30年度の減価償却費

3,000,000円 × 0.334(※1) × 8/12カ月(※2) = 668,000円

※1 3年の場合の償却率 0.334(平成27年10月1日取得のため「定額法」)
※2 営業用に使用した月数  平成30年5月1日~平成30年12月31日 ⇒ 8カ月(年の途中の場合月数按分が必要です)

 

【 ひとりごと 】

焼きそばは塩に限る!

と決めつけて何年も塩焼きそばしか食べずに生きておりましたが、先日懇意にしている飲み屋で、小腹がすいたと言ったら、ソース焼きそばを作ってくれました。

胡椒のよく利いたそのソース焼きそばの旨いこと旨いこと!

なので今日の晩御飯はソース焼きそばにすることにしました。

最近、焼き鳥も「塩で!」ばっかり食べているので

タレも食べてみようという気持ちになりました。

懲りだしたらそればっかりになってしまって、ほかの素敵なことに気づかないでいるのかもしれない。。。と

焼きそばごときに反省させられたりして。

でも、しばらくソース焼きそばばっかり食べそうです。